たかはし雅成

 おはようございます。公明党の高橋雅成です。通告に従いまして、早速一般質問に入らせていただきます。
 初めに、観光の振興策について質問します。観光ビッグバン、観光の大爆発という言葉が一般的に使われ始めて、既に数年が経過しました。テロやSARS、鳥インフルエンザの発生というマイナス要因を乗り越えてアジアを中心にした新興国の経済成長を背景に、世界じゅうで外国に旅行する人が増加しています。国連世界観光機関の統計によりますと、二〇〇四年に外国旅行をした人は世界で約八億六百万人いましたが、二〇一〇年には十億人に、さらに二〇二〇年には十六億人にふえる可能性があるといいます。中でも存在感が大きいのはアジア・太平洋地域で、旅行客の送り出しと受け入れの双方でシェアを増しつつあります。国連世界観光機関の予測によると、観光客送り出しシェアは二〇〇四年の一九%から二〇二〇年には二七%に、また受け入れシェアも二〇〇四年一九%から二〇二〇年二七%に増加するとしています。もちろん日本にやってくる外国人観光客もふえています。国際観光振興機構の統計によると、昨年日本に来た外国人観光客は八百三十四万七千人で前年比一三・八%増、過去最高となりました。一方、海外旅行に行った日本人の数は千七百二十三万五千人で、これは史上四位の数字です。海外旅行に行く日本人観光客は近年、千七百万人あたりで頭打ちの傾向にあるということで、相対的に入国者の元気のよさが目立ちます。
 日本政府においても、観光による経済活性化政策が本格化しています。平成十八年十二月に制定された観光立国推進基本計画では、平成二十二年までに日本人の海外旅行者数を二千万人、訪日外国人旅行者数を一千万人にするとともに、国内における観光旅行の消費額を年間三十兆円、日本人の国内観光旅行による一人当たりの宿泊数を年間四泊とするなどの目標を掲げています。観光は関連する業種が多いため経済波及効果が大きいと言われています。例えば、平成十八年度の国内旅行の消費額は二十三兆五千億円でしたが、生産波及効果は二倍以上の五十二兆九千億円、雇用効果は総就業者数の六・九%に当たる四百四十二万人もあったという推計があります。観光が地域活性化の切り札になると、国土交通省などが観光庁を今月設置したゆえんがここにあります。こうした国の動きに対し、全国の自治体も観光振興に積極的に取り組んでいる状況です。そこで、本県の観光振興策について何点か質問します。
 まず、福岡県の観光行政に対する基本的な認識、観光振興への基本的な戦略について知事に伺います。
 また、ここ数年の福岡県を訪れた日本人、外国人の観光者数の推移はどうか。そして、観光者数の増減の原因をどのように分析をしているのか、二点について答弁をお願いします。
 私の手元に、各都道府県の観光担当職員数を比較した資料があります。全国一位は山梨県で担当職員数が七十二人、人口十万人当たりの職員数は八・一四人です。以下、石川県、徳島県、鳥取県などと続きますが、福岡県は何と下から三番目の四十四位。担当職員は十人で、人口十万人当たりに直すとわずか〇・二〇人というお粗末さです。そこで、知事にこの数字についての率直な感想をお聞きします。
 先日、私たちは北海道旭川市にある有名な旭山動物園を視察してきました。日本最北の動物園であり、今、入園者数日本一の人気を誇る旭山動物園ですが、今から十四年前の平成六年にはエキノコックスという寄生虫が動物から見つかり、年度途中で閉園を余儀なくされました。さらに翌々年の平成八年には、年間の入園者数二十六万人と過去最低を記録し、閉園の危機を迎えていました。それを救ったのがアイデア園長として有名な小菅正夫園長でした。動物が幸せに暮らしていれば、その幸せは訪れる多くの人にももたらされるとの信念のもと、行動展示、ワンポイントガイド、動物の食事をおもしろく見せるもぐもぐタイムなど、命の多様性を伝える動物園としてよみがえりました。平成十九年度の年間入園者数は三百七万二千三百五十三人。最低だった平成八年の入園者数の十二倍にも達し、旭川市の人口三十五万六千人の八・六倍にもなります。しかも、三百万人の入園者のうち旭川市在住の人は一割のみで、入園者の五割は北海道以外から訪れた観光客、四割が旭川市以外の北海道から来た入園者ということでした。旭川市の年間観光者数は約七百三十万人。その四割弱が旭山動物園を訪れているという計算にもなります。
 私は、この数字にとてもショックを受けました。動物園といえば通常、市民の憩いの場としかとらえられていません。ところが、動物園が観光振興の起爆剤に、観光客誘致の目玉になり得る。しかも、パンダなどの特別に珍しい動物がいるわけでもないのにです。実際に旭川市内を歩いていると、駅やショーウインドーなど至るところで旭山動物園をアピールしている光景に出会いました。福岡県内にも福岡市動植物園、北九州市の到津の森公園、大牟田市動物園がありますが、入園者数は芳しくなく、例えば人口百四十万人の福岡市の動植物園が年間七十数万人など苦戦しているようです。そこで、観光振興という観点から三園を動物観察観光コースなどとして有機的に結びつけ、支援することができないかと考えるものです。三市の担当者と県で、連携を目指す会議などを開いてみてはいかがでしょうか、知事の見解を伺います。
 ことし六月、九州運輸局は北九州市の門司港―和布刈公園間約二キロの門司港レトロ観光列車の運行を許可しました。北九州市は平成二十一年度のできるだけ早い時期に運行を開始したいとしています。福岡県も出資する第三セクターですが、訪問者数が伸び悩む門司港レトロ地区の観光振興の起爆剤と期待されています。県として、出資以外にどのような支援をしていくのか。同じく県が出資した門司港レトロ海峡ドラマシップの入場者が、オープン以来下降線をたどり続けている状況でもあり、県が相当の決意を持って門司港レトロ地区の観光振興に当たるべきと考えますが、知事の見解をお聞かせください。
 また、ことし六月に就航した門司と韓国釜山を結ぶ国際フェリーモジラインが、就航わずか二カ月で運休している問題について、原因は船のエンジントラブルとのことですが、モジラインを利用する韓国人観光客を当てにしていた海峡ドラマシップのほか、JR、バス、旅行会社、ホテル、土産物店など多くの分野に影響が出ており、一刻も早い再開が待たれています。そんなさなかの九月三日、運航会社のシーアンドクルーズが新たな船を投入して十月に再開すると発表しましたが、その十月になってもなお再開の兆しがありません。再開へ向けての今後の見通しについて、何らかの情報をお持ちでしたら明らかにしてください。また、モジラインが運航していた当初、釜山から門司に向けて乗船する韓国人観光客が九割、逆の日本人が一割ということで、これでは国際観光として成り立たない、もっと日本人の利用者をふやす工夫が必要だとの指摘もありました。運航再開後、モジラインの利用者をふやすため県として何らかの手が打てないのか伺います。
 次に、いわゆるモンスターペアレントについて質問します。モンスターペアレントとは和製英語ですが、そもそも自分の子供が通う学校や先生に理不尽な要求やクレームを申し立てる親を指し、昨年あたりから認知されるようになりました。教師を追い詰める保護者の代名詞ともなっていますが、それではモンスターペアレントとは何かと問われたら、答えは人によってまちまちのような気がします。そこで、まず本県教育委員会がとらえる、いわゆるモンスターペアレントの定義は何か、教育長にお尋ねします。
 さらに、福岡県内の学校に親たちから理不尽なクレームなどが寄せられている実態について把握しているのか、県教委に報告がなされている範囲でお答えください。親がなぜクレームを学校に寄せるようになったのか、「親たちの暴走 日米英のモンスターペアレント」の著書があるジャーナリストの多賀幹子さんによると、親世代の学校時代の体験、近過ぎる親子関係、コミュニティー力の低下など多くの要素が複雑に絡んだ結果だとしています。そして、善意の集団である学校が現代社会の抱えるさまざまな問題のしわ寄せを受けている現象である、と分析しています。ただし、学校の側にも体罰、わいせつ、いじめ加担、たかりといった行為をする先生が存在するという問題があると指摘しています。そして、先生と親の対立で被害を受けるのは子供たち。子供のためなら親と先生は協力できるはずとし、モンスターペアレントの登場は先生と親の関係が新しい時代に入った兆しであり、チャンスととらえて子供たちのために協働したいと強調しています。
 さて、モンスターペアレントの登場は全国的な問題であり、全国の自治体で取り組みが始まっています。大阪市は、教員みずからが保護者の役割を演じ、その気持ちを理解しようとロールプレーイングゲームを取り入れた教員研修を実施しておりますし、同市の教育委員会は、学校現場での教職員マニュアルを作成しました。東京都教育委員会では、教師のサポート体制の構築を目指し学校問題検討委員会を発足させました。このような中、本年度、国も学校問題解決支援事業として、全国九府県等を指定し事業委嘱をしています。本県もその指定県の一つとなっています。同事業は、いわゆるモンスターペアレントの登場で重大案件が発生した場合、児童生徒の心のケアや保護者への対応などの緊急対応のあり方や学校を支援する方策などを調査するものということですが、具体的にどのような取り組みをするのか事業の概要について説明を求めます。特に学校現場でのサポート体制はどうするのか、緊急相談にはスピード感を持って対応することが最も大事だと思いますが、どのようにしてスピードある対応をしていくのか教育長の答弁を求めます。
 また、この事業は平成二十年度の単年度事業ということですが、引き続いての対応が必要と考えます。平成二十一年度以降の取り組みをどうするのか見解を伺います。
 先ほど引用した多賀幹子さんも指摘しているように、モンスターペアレント対策で最終的に目指すべきは、親と教師の良好な関係をどう構築していくか、さらに、その延長線上で地域と学校の良好な関係を築き、地域を含めた教育力をどのように高めていくのかということだと思います。その意味で、今議会で補正予算が計上されているふくおか学校応援事業はとても大事な事業であると認識しています。まず、このふくおか学校応援事業とは具体的にどのような事業なのか。また、学校問題解決支援事業とふくおか学校応援事業の両事業に力を入れて推進していくことが、福岡県独自の教育力向上策として非常に大事な視点になるのではないかと考えるものですが、教育長の見解をお伺いします。

 以上で一般質問を終わります。御清聴ありがとうございました。(拍手)

貞末議長

 麻生知事。

*知事答弁

麻生知事

 観光振興対策についてでございます。まず観光というものは、非常に幅広い分野にわたりまして活動、経済波及効果が及ぶものでございます。したがいまして、雇用の創出効果も非常に大きい重要な産業であるというふうに考えております。このような認識のもとに九州各県と経済界が一体となりまして九州観光推進機構を設立いたしました。ここでは、それまでの各県ごとの観光振興から九州全体として観光振興をやっていくという観点のもとに、海外、国内、主としまして国内の大都市圏から九州への観光客の誘致を進めております。このような九州の一体的な活動と並行いたしまして、本県のほうでは九州国立博物館が大変盛況でございますが、その一層のPR、本県の産業集積を活用いたしました産業観光の推進。それから、多くの会議が開かれるようになっておりますけれども、その会議の参加者の皆さんが、ぜひ会議だけではなくて県内の観光地に行っていただくという点、あるいはこういうことを進めますためのボランティアガイドの育成、活用といったことを行っております。そして、このような活動を福岡プラスワン戦略というふうに命名をいたしておりまして、来るだけではなくて、いろんなところを回ってもらう、プラスワンをしてもらうという考え方のもとに、観光の振興を図っているところでございます。
 観光客数の推移でございますけれども、近年その数は増加を続けております。平成十八年には過去最高の三千七十八万人を記録いたしました。また、外国からのお客さんでございますが、平成十九年には七十二万人を超えておりまして、五年前に比べますと倍増しておるという状況でございます。
 なぜこのような増加になってきておるかということは非常に多くの要因があるのですけれども、やはり何といいましても、誘致努力を先ほどの九州観光推進機構を中心に積極的に行っておるということでございます。加えまして九州国立博物館の非常に多くの来館者、また最近は国際的な会議がずっとふえてきておる、国際会議の開催は東京、大阪に次いで日本では三番になってきたというようなことが挙げられます。加えまして、アジアからのお客さんがふえているわけでありますけれども、これは近隣諸国での所得が向上しておる、また訪日のビザの緩和措置がとられておる、このようなことが追い風になっているというふうに考えております。
 観光振興の推進体制でございますが、本県の場合には国際経済観光課を中心に、先ほど申し上げましたような誘致推進活動を進めております。加えまして、九州観光推進機構と極めて密接な連携を保っておりますし、また本県は独自に五つの海外事務所を設置いたしておりますが、その積極的な活用を図っているわけでございます。観光の誘致活動はもちろん県の観光課が中心でありますけれども、関係機関と密接に協力、連携して、より効果的に行うということが大切でございます。その点からは、市町村、観光協会、観光連盟といった観光関係団体との協力も積極的に行っていくという考えでございまして、このような総合的な推進によりまして一層の観光振興を図ってまいる考えでございます。
 動物園を観光の拠点にしてはどうかというお話でございます。県内には、御紹介のありましたような動物園があるわけでございまして、それぞれ最近のいろんな全国的な動物園の活動状況を見ながら工夫をいたしております。園内のガイドツアー、動物と触れ合いやえさやりの体験、動物園を夜開園する、そしてまた外から見やすい強化ガラスを使った飼育、このような工夫をそれぞれ行っております。これらの取り組みを観光面でも生かしていくということを考えなければいけないわけでございますが、これは関係の動物園を持っている市町村と連携しながら、動物園のPRはもちろんでございますけれども、近隣の観光資源と結びつけていく、回遊ルートの中に入れていくというようなことを通じまして、観光客の誘致を進めてまいる考えでございます。
 門司港レトロの振興についてでございます。まず門司港レトロ観光列車が運用されるということになりました。これは、門司港でずっと活動しました貨物線を活用して行うわけでございまして、今後レトロ地区のシンボルとして大きな魅力を加えるということになりますし、また門司港のレトロ地区と和布刈地区を結びつけるという意味でも、観光の広域化、観光地が広がっていくという効果を持つと思っておりまして、大きな期待を抱いております。また、この門司港レトロ観光列車の運行につきましては、県も出資をいたしておりますが、平成筑豊鉄道が運行そのものにつきましては受託をするということでございまして、大きな役割を果たすことになります。また、レトロ地区そのものにつきましては、修学旅行の誘致あるいは旅行会社と協力した商品開発を行ってまいります。
 海峡ドラマシップにつきましては、指定管理者制度によって活動を行っているわけでございますが、なかなか来館者がふえないという状況でございます。これにつきましては、指定管理者と一緒になりましていろんな努力をしていかなければいけないというふうに考え、また話し合いをしていく考えでございます。

 モジラインの再開の見通しについてでございますが、大きな期待を持って始められたモジラインでございますが、船のエンジンが故障したということがございまして、八月下旬より運休となってしまっております。現在は運航再開に向けまして調整中であるということでございます。結局どういう船を使うかということが非常に大きな焦点になっているわけであります。再開をされました後には韓国からの誘客が中心でございます。これにつきましては、発着場に隣接しております門司港レトロのPRを中心にしまして、このモジラインの魅力を高めていくということをやってまいりたいと思っております。

貞末議長

 森山教育長。

*教育長答弁

森山教育長

 まず学校に対する理不尽な要求についてであります。保護者等の要求に対しましては、基本的には学校が誠意を持って接して、学校の考えや対応等についての理解を得るように努力をすることが重要と考えております。いわゆるモンスターペアレントにつきましては、数年前から学校への理不尽な要求等を繰り返す保護者等に対して使われ始めた言葉でありますが、明確な定義はないわけであります。県では、実態を網羅的には把握いたしておりませんけれども、例えば、嫌いな教師と子供が校内で出会わないようにしてほしいという要求、要求そのものが理不尽と思われるものとか、あるいは子供同士のトラブルが原因で転校を希望しておる、そこで転居に係る費用を学校に要求するという、要求の原因は理解できるけれども要求の内容が理不尽なものなど、さまざまなものがあると聞いております。
 そこで、このいわゆるモンスターペアレントへの対応についてでございますが、学校だけで解決できない理不尽な要求につきましては、設置者である市町村の教育委員会が責任を持って対応する必要がございます。県としても、市町村の対応を支援するために本年度から国の学校問題解決支援事業の委嘱を受けまして、各教育事務所に弁護士や警察官等をメンバーとしたサポートチームを配置いたしまして、法律などの専門的知識が必要な場合に、事例に応じたメンバーを編成しながら緊急支援も含めた対応を行っておるところでございます。なお、国としてもこの事業につきましては継続する方向で検討されておりまして、県といたしましては、引き続き市町村の支援に努めてまいりたいと考えております。
 次に、ふくおか学校応援事業についてでございます。学校教育におきましては、家庭や地域との連携とか、教員が子供と向き合う時間の拡充が求められております。このため、本事業は小中学校各三十校をモデル指定いたしまして、PTAを核とした組織が、地域の多彩な人材等を活用いたしまして総合的な学習の時間の指導の補助など、学校の求めに応じた応援活動を行うものでございます。このことによりまして、学校、家庭、地域の良好な連携体制を構築することができまして、地域の学校教育に対する理解が深まるものと考えております。

 最後に、学校問題解決支援事業とふくおか学校応援事業の推進についてであります。学校問題解決支援事業は、専門家の協力を得て、学校だけで解決できない問題について学校を支援するものでありまして、ふくおか学校応援事業は学校に対して家庭、地域が協力をする機運を高めることができるものでございます。今後、これらの事業を推進することによりまして、学校、家庭、地域の教育力の向上につながるものと考えております。

貞末議長

 高橋雅成君。

たかはし雅成

 何点か要望したいと思います。
 観光客の入り込み数ですけれども、知事の今の答弁で年間三千七十八万人、単純に計算すると十万人近い人が毎日福岡に観光に訪れているという、そういうことになるわけですけれども、そんなにいるのかなと思いまして、どういう計算でこういう観光客数が出てくるのですかということをお尋ねしました。非常に複雑な計算みたいでしたけれども、なかなか観光客がどれぐらい県内に来ているかという実態をはかるというのは難しいということが私もわかりました。ただ、これはなるべく実態がわかるような計算の仕方といいますか調査の仕方といいますか、そういうことを国のほうで今考えているということでありましたので、それをやるにはお金もかかるというお話もお伺いしましたけれども、ぜひ実態に即した、なるべく実態がよくわかるような形で観光客数を調査していただきたいということをまず一点要望いたします。
 それと先ほどの人口十万人当たりの観光担当の職員数ですけれども、一番多いのがさっき言ったとおり山梨県で七十二人、人口十万人当たりにすると八・一四人、ここが知事の答弁では、九州観光推進機構等と海外事務所と連携しているからいいんだというふうに、私はとらえたんですけれども、例えば山梨とか石川とか福島みたいなところも、そういったことは当然やられているんじゃないかというふうに想像するのですけれども、一度たくさんの観光担当職員を置いているところを調査していただいて、どういうやり方でやっているのかということをぜひ調べていただきたいなというふうに思います。よろしくお願いします。
 それとモンスターペアレントですけれども、こんな問題がたくさん起こって本当に学校現場の先生は大変だなというふうに思います。アメリカではヘリコプターペアレントというのがあるそうです。ヘリコプターのようにすぐ学校に飛んでくるんだそうです。イギリスではフーリガンペアレントといって親が教師に暴力を振るうというところまでいっているという話もあります。日本でも、ペアレントではなくてモンスターネイバー、近隣住民が学校にクレームをつけると、そういうことも発生しているというふうにお伺いしています。ぜひ今回の事業を成功させていだたきたいというふうに思いますので、どうぞよろしくお願いします。
 以上です。ありがとうございました。(拍手)