たかはし雅成委員

 公明党の高橋です。エレベーターの安全性が問われている問題について質問します。いろいろ書いてきましたけれども、手短に質問します。
 六月と八月に、いずれも東京ですけれども、エレベーターに挟まれたり、また押しつぶされたりして死亡するという事故が発生しました。九月には熊本市でエレベーターの事故のために左手の親指の一部と他の指四本を切断するという事故が起こっております。そのほかエレベーター自体のふぐあいで閉じ込め事故が全国で多発しております。
 国土交通省はこういうことを受けまして、エレベーターのブレーキ、制動装置を二重化しようということを義務づける方針で今検討中であるというふうに聞いておりますし、安倍総理が十月二十日に国民生活審議会に対しましてエレベーター等の身近な場所の事故の再発防止対策の早急な取りまとめを指示したということです。
 県内にはエレベーターが約二万四千五百基ある。県有施設では知事部局、教育庁関係の分で三百三十六基あるというふうにお伺いしました。こうしたエレベーターの安全性が現在問われているわけですけれども、まずエレベーターの安全性が問題になっていることに対しまして知事がどのような認識を持たれているのかお伺いします。

久保九州雄委員長

 麻生知事。

麻生知事

 この問題の直接的な発生はシンドラー製のエレベーターにあるわけでありますが、あれが特に出入りの制御のところでうまく作動しないということが発見されてあのように死亡事故までつながったわけです。この点については、結局、電子的な制御がうまく稼働していないということが発見されて、今改善策が講じられているという状況でございます。その後、実態を見ますと、何とかあのような改善策で事故の再発はとりあえず防がれているという状況だと認識しております。

たかはし雅成委員

 一番最初の事故は確かにシンドラーエレベーターなんですけれども、現在、警視庁がそれは捜査中でまだ原因がはっきりしていないという段階です。それ以外の今私が挙げた死亡事故と指の切断の事故はシンドラー社以外のエレベーターなんですね。
 世界の先進国ではエレベーターの二重制動装置がついているのが当たり前、常識になっております。日本だけついていないという状況なんですけれども、その中でおくればせながら義務化しようかという検討が、ようやく今国土交通省の方でなされているという状況だろうと思います。
 世界を見ますとカナダでは一九九四年に法律で法制化して義務化しています。ヨーロッパ、EUでも規格を施行していますし、アメリカ、韓国、中国、こういった国でも法制化を進めてどんどん二重制動装置をつけるということが進んでいます。その背景には当然、日本と同じようにエレベーターによる死亡事故が多発したという背景があります。日本製のエレベーターも当然海外で稼働しているものもあるわけですけれども、日本製のエレベーターも海外で稼働する場合は二重制動装置がついて稼働しているという状況です。
 そこで質問ですけれども、今後国において建築基準法の政令改正が行われ、エレベーターの二重制動装置の設置義務化が、これはほぼ確実な情勢だと思うんですけれども、不特定多数が訪れる県有施設のエレベーターに二重安全ブレーキをいち早く、独自に導入する考えはないかどうかということと、こういう二重安全ブレーキがあるんだよという情報を県から市町村や民間に伝える考えはないかどうか、二点についてお尋ねします。

麻生知事

 第一点の問題につきましては、今お話がありましたように、これは国全体の問題として基準の改正が検討されておりまして、今おっしゃられたように方向は二重化しようということでの検討が進んでおります。したがって、こういう情勢でもございますから、県独自で基準を導入するというよりも国全体でやる動きになっていますから、その中でやっていきたいと考えています。
 それから、二番目の点につきましては、二重制動というのがどんなものであるかということについては、それは必要な情報を県民に伝えるという努力はしたいと考えております。

たかはし雅成委員

 私もこの質問をするときにいろいろちょっと調べたんですけれども、現実には世界のシェアの九〇%ぐらいが一つのアメリカ製の二重制動装置で占めているらしいんですね。今後、国交省がこういう義務化を進める上でも、日本でそれを導入する上でも、結局それを使わざるを得ないんじゃないかという気がしております。というのは日本でも特許をたくさんその会社が取っていて、新たに日本のメーカーが同じようなものを開発する余地がほとんどないんじゃないかという状況らしいんです。そういったことも含めてぜひ県の方も、まあ、政令改正になっても周知徹底期間が半年や一年間はかかるでしょうから、その間、なかなか実施できないという状況になるんじゃないかと思いますけれども、そういう期間も含めていち早く国のそういう動向が決まった後、取り入れていただきたいということを要望します。
 それと、日本でも民間の病院などが既に導入しようというところがあるそうです。そういうところも含めて、あとお隣の韓国などに担当者を行かせて、実際にどういうものなのかを研究されてはいかがかなと思いますので、ぜひ、その辺をよろしくお願いしたいと要望しまして質問を終わります。ありがとうございました。(拍手)